成虫がおすすめだと言われる

カブトムシを飼育するが初めてだという人は、成虫を選択した方が良いです。
幼虫も飼育することはできますが、成虫に比べて身体が非常にデリケートです。
昆虫の飼育に慣れていない人は、幼虫をきちんと成虫まで育てることができないかもしれません。
成虫だったらある程度は丈夫なので、初心者でも飼育しやすいです。
最近は自分で捕まえるのは難しいので、お店で購入した方が良いでしょう。
お店に行くと、海外の珍しいカブトムシも販売されています。

飼育する際は水槽や止まり木、エサを用意してください。
必要なものを用意していないと、カブトムシにストレスを与えてしまいます。
するとカブトムシが衰弱するので、環境を整えてあげてください。
エサは、昆虫ゼリーがあるのでそれを利用すると良いでしょう。
またカブトムシは、温度変化に弱い生き物です。
暑いところから急に寒いところに行くと、身体が付いていけなくなります。
なるべく温度が変わらないところで飼育しましょう。
風通しの良い涼しいところなら、カブトムシは快適に過ごせます。

お店でカブトムシを購入する場合は、信頼できるお店を選択してください。
中には、悪質なお店も存在しています。
そこではすぐに弱ってしまうカブトムシを高額で販売しているので、お店の信頼性を見極めてから買いましょう。
またカブトムシは、小さな生き物です。
軽く触ったつもりでも、大きな衝撃を与えてしまうかもしれません。
扱いには十分注意しましょう。

正しい飼育方法を勉強しよう

昔は山に行ってカブトムシを捕まえることが多かったですが、最近は環境が変化しているので、自分で捕まえるのは困難です。 お店に行って買ってください。 お店には成虫と幼虫が販売されていますが、初心者は成虫の方が良いでしょう。 飼育しやすいので、初心者でも安心です。

飼育用品を揃えよう

ペットショップやホームセンターに行くと、カブトムシの飼育に必要な道具を購入できます。 小さな水槽に、たくさんのカブトムシを入れることはしないでください。 適度な大きさの水槽を用意して、飼育しましょう。 環境が悪いと、カブトムシがすぐに弱ってしまいます。

カブトムシを買う際の注意点

悪質なお店で販売されているカブトムシは、すでに弱っていることが多いです。 気をつけて飼育していても、すぐ命を落としてしまうかもしれません。 信頼性の高いお店で、カブトムシを購入しましょう。 また、カブトムシに触れる際は力加減を忘れないでください。

PAGE TOP